断捨離ではなく終活

年齢がすすむと、怪我や病気になる。自分も家族もそう。ちいさな怪我や病で、特に命に関わるものでなくても、歳とれば人間あたり前。そういうことがポツポツと身の回りに出てくると、これから先のことを考えてしまう。10年以上前のモノ、もうこれからはいらないモノを手放したいま、どう生きていきたいかを考えます。私の身の回りの整理は、もともとモノは持っていないので断捨離ではなく終活の方にちかい。

親を含めた家族が一番大事。手広く人とあまり繋がらない、付き合って疲れない気の合う人が一人か二人いればいい。食べ物は「適量」でいい。洋服やモノは自分がワクワクするすこしだけ残しほかは手放す。見栄はったりカッコつけたり、、そんなものは捨てた。これから大事なのは、家族と健康と、生きていくための最低のお金。

つい先日(昨日)、聖路加の日野原先生がご逝去されました。105歳で生涯現役で世の中に貢献されました。先生の最後の言葉は「みんな、ありがとう」。私も、いのちが終わる時に「ありがとう」とみなにいって旅立ちたい、そういう人生でありたい。

 

やめたモノとやめたいモノ

 

ある程度の年齢になり、いろいろ整理したり、もうこれ必要ないと感じているものはやめてしまった方がいいなあと。高温注意報発令の日は外出せず、身の回りの整理をしています。やめたモノはハードコンタクトレンズ。コンタクトレンズは年齢とともに目に負担がかかるようになりました。コンタクトは装着からだいたい25年限度で、それ以上は角膜が擦り減るそうです。恐ろしいですね。それからもうひとつやめたいモノがあるのです。それは使わなくなったクレジットカードなのですが、海外のホテル予約時にまだまだ必要?なので(いつまで必要なんだろう?)、年会費無料のタイプ1枚を残し他の年会費がかかるカードはあっさり解約しました。

ミニマルファッション

もともとモノはあまりない方ですが、年が経つと「賞味?期限切れ」の洋服が当然出てきます。なので、現在処分中。好みは、基本2色使いシンプルファッションで、いつも同じような洋服ばかり着ています。ストール・マフラー・バッグなどで柄やさし色アクセントをつけるのが私流。変わったことと言えば、ここ2年ぐらいアクセサリーほとんどつけなくなりました。ヤフーで「ミニマルファッション」で検索すると、好みのコーディネイトが出てくるので参考に。

出典:ヤフーサーチ「ミニマルファッション」より(スクリーンショット)https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=ミニマルファッション

 

カメラポーチ

写真をはじめて20年ぐらいになりますが、なかなかピンとくるようなカメラバックがみつからず、1000円ぐらいのウレタンボックスにカメラを納め、それをトートバックに入れて使っていましたが、ヨレヨレになってきたので、それに変わるカメラポーチを探しました。以前から「アルティザンアンドアーティスト」のカメラアクセサリーを愛用していましたので、マップカメラのサイトから、(⇩)こちらに決めました。

マップカメラ ARTISAN&ARTIST (アルティザンアンドアーティスト) [RED LABEL] カメラポーチ RDP-KG100 グレイ ¥3,480(税込)https://www.mapcamera.com/item/4530445593547

軽くて丈夫、シンプルデザイン。

余談ですが、カメラ業界はどんどん変わります、今後はどうなってゆくかわからないといったところでしょう。いい機会、いま現在カメラは一台、ほとんどを売却処分し身も心も軽くなりました。これから所有するカメラはどんどん変わるとおもいます。

 

いまのうちにやっておくこと

4月下旬、医師からすすめられ体質改善のため飲みはじめた漢方薬の影響?で(どうかわかりませんが)、漢方を飲むと眠くてだるく、めまいまではいかないものの、クラクラやフラフラが続き、外出がとても不安でした。医師にも度々相談しました。7月に入ってから急に症状が落ち着き、体調がとてもよくなり、漢方の効果が現れはじめたのです。あの症状はもしかしたら「めんげん」だったのかも?と勝手に解釈したのですが、その時は、もし私に何かあったら・・と考え、ネットのこと、カメラのこと、いろんなことを整理しはじめました。クレジットカードを解約しひとつにまとめたり、銀行のこと、貯金のこと、ネットのログイン・パスワードを家族に伝えました。クレジットやローンの借金はゼロ、そのあたりは気がとても楽。お金のことが一番重要で、何かあってから家族が一番困ることなので、いまのうちに伝えておいたり、整理しておくことは大事です。

ペン

大きいマグカップにペン類をじゃらじゃら入れていたのですが、今後はこのMUJIのペンケースに収まるだけ、増やさないと決め、ラインマーカーを一本だけ残し、他二本処分。家にあるペン類はこれすべて。シャープペン、ボールペン、万年筆、シャープ芯、消しゴムのみ。